太陽光発電を名古屋市で考えている人

名古屋市に住んでいる友人が太陽光発電にしようかと考えているという話を聞きました。
現在強く叫ばれている環境保護の観点からいかにCO2の排出を抑えるかを常日頃から考えている彼女はまずは自分の家から出来る事をと思いたち太陽光発電を検討したのだそうです。
今は国や自治体も積極的に後押ししているようで時期や地域によっては助成金が出る場合もあるようです。
具体的に太陽光発電とはどんなものかというと、簡単に言えば太陽の光をエネルギーに変えて電力として利用する事です。
つまり自然の太陽の光を利用しているので電力を使用するにあたって排出されるCO2もでないし、光熱費もその電力で賄えるというわけです。
まさに電力の自給自足なんですね。
また自分の家でつくった電力が余った場合は電力会社に買い取ってもらう事もできます。
もちろん太陽光発電をするにあたって、ソーラーパネルを屋根に設置したり太陽光を電力にかえる装置が必要だったりして初期費用がかかるわけですが、以前と比べると費用も安くなっているようですので、検討の余地はありそうですね。