Archive for the ‘補助金の活用’ Category

住宅用太陽光発電システム設置に対する補助金

最近では、太陽光発電を推進するために太陽光発電システムを設置する人に対して補助金を出す自治体が増えてきています。
名古屋市もその自治体の一つといえます。
その補助金を受けるためには、平成24年度の場合だと、太陽光発電システムの設置工事に着工する前に申請書を提出する必要があります。
また、システムの設置工事の着工時期は、名古屋市から補助金の交付決定を受けた後に開始しなければなりません。
そして、この補助制度に応募できる資格としては、個人もしくは法人とされていて、上述の太陽光発電システムを名古屋市内の住宅に新しく設置する者とが対象です。
また、補助金の交付対象は個人の場合は、名古屋市民であることですが、将来的に名古屋市へ転入する予定がある個人も対象になります。
そして、交付対象が法人の場合は、名古屋市内に登記のある事業者であることが条件となります。
さらに、分譲マンションの管理組合などについても共益部分に太陽光発電システムを設置する場合には、補助金の交付対象となります。
名古屋市のように補助金を導入して、全国規模での住宅用太陽光発電設備の導入が進められている理由としては、節電の要請にこたえるためという理由が挙げられます。
東北での大震災以降、原子力発電所が制限されている現状では、全国的な節電がもとめられています。
そこで、自主的発電である太陽光発電システムを導入して電力を自分で賄うことで、節電へつながります。
また、発電によって余った電力を電力会社に売却することで、電力の供給も可能になります。
さらに、太陽光発電システムは、地球温暖化防止に役立つ発電方法ということが理由として挙げられます。
電力の発生時に二酸化炭素などの有害物質を発生させないので、地球温暖化の防止にもなります。
このように、比較的安全な発電方法であることから、太陽光発電は広く推奨されてきています。
名古屋市のように、補助金を交付することで、ひろく住宅用太陽光発電システムを普及させ、さらに地球環境へ配慮していきたいものです。