太陽光発電 東芝ってどうだろう

太陽光パネルを製造しているメーカーは国内外に多数あります。
その中でも、注目されているメーカーがいくつかあり、その一つが東芝です。
東芝といえば、テレビやブルーレイレコーダー、掃除機、エアコン、パソコンなどで有名なメーカーです。
実際に家の中を見回してみると、東芝の製品を見つける事ができる家も多数あります。

そんな東芝ですが、ただ家電製品を作っているだけではありません。
その他の分野でも研究開発を進めていて、住宅用の太陽光パネルも勿論製造しています。
その特徴はいろいろとありますが、中でも注目すべきなのが世界No.1の発電効率という事です。
他社の製品と比べると、東芝の場合は発電効率が高く、同じ日光が当たった場合、東芝の製品の方がより多くの電気を発電するという事になります。

東芝の場合、従来太陽光パネルの表面にあった電極をすべて裏側にしました。
それによって太陽光が遮られることがなくなったので、従来品に比べて発電量が増えました。
また、一般的には太陽光パネルに当たった太陽光はかなりの量が反射してしまいます。
その為、光を損失している状態になっています。
ですが、東芝ではセル表面に反射防止膜があるので、日光の反射を極力抑えるようにしています。
それによって太陽のエネルギーを従来品に比べて無駄なく電気に変える事ができます。

さらに、太陽光発電はどうしても十分太陽光が当たらないと発電も満足にできません。
東芝の場合は夜間の発電は勿論ありませんが、朝や夕方、また曇天や雨天の時であっても、わずかな光があれば発電する事ができます。

現在、様々なメーカーで太陽光パネルに関しての研究開発が進み、その性能は格段にアップしてきています。
その中でも東芝に関してはそのパネルの性能が高く、同じ面積であれば他社と比べても多くの発電が期待できる製品を作っています。
またパワーコンディショナもかなり高い変換効率なので、東芝の太陽光発電は他社に比べてもかなり高い総合変換効率が期待できる製品です。